場合によって、組織は vRealize Automation コンソールではなくプログラムを使用して vRealize Automation を操作することがあります。

このような場合、vRealize Automation API は、ユーザ、インフラストラクチャ、デバイス、アプリケーションなどのユーザー向けのビジネス対応ポリシーによって制御される、クラウド アクセスおよび操作のために、標準化された安全な RESTful インターフェイスを提供します。

XaaS を使用して作成されたものを含むすべてのブループリントは、vRealize Automation API を介して自動的に公開されます。詳細については、vRealize Automation API リファレンス を参照してください。