ソフトウェア コンポーネントにより、動的なクラウド環境におけるミドルウェアおよびアプリケーション展開のインストール、構成、ライフ サイクル管理が自動化されます。シンプルな Web アプリケーションから、複雑なパッケージ化されたアプリケーションに至るまで対応できます。

構成可能なスクリプトベースのエンジンを使用することで、ソフトウェア アーキテクトは、ミドルウェアおよびアプリケーション展開コンポーネントのインストール、構成、更新、およびアンインストールをマシンで行う方法を完全に制御できます。ソフトウェア プロパティを使用することで、ソフトウェア アーキテクトはブループリント アーキテクトおよびエンドユーザーに環境変数などの構成要素の指定を求めたり、許可することができます。展開を繰り返し行えるように、これらのブループリントではアプリケーションの構造(マシン ブループリント、ソフトウェア コンポーネント、依存関係、および構成など)が標準化されますが、必要に応じて環境変数やプロパティのバインディングを再構成できるようにします。

任意のアプリケーションとミドルウェア サービスの展開

vSpherevCloud DirectorvCloud AirAmazon AWS の各マシン上の Windows または Linux オペレーティング システムに ソフトウェア コンポーネントを展開できます。

  • IaaS アーキテクトは、ソフトウェア コンポーネントをサポートするゲスト エージェントと ソフトウェア ブートストラップ エージェントを含む、テンプレート、スナップショット、Amazon マシンの各イメージに基づいて再利用可能なマシン ブループリントを作成します。

  • ソフトウェア アーキテクトは再利用可能なソフトウェア コンポーネントを作成して、ソフトウェアの展開の拡張処理中にマシンでインストール、構成、更新、アンインストールを行う方法を具体的に指定します。

  • ソフトウェア アーキテクト、IaaS アーキテクト、アプリケーション アーキテクトは、グラフィカルなインターフェイスを使用して、アプリケーション展開トポロジをモデル化します。アーキテクトは、ソフトウェア アーキテクトの要求に従って ソフトウェア プロパティおよびバインドを再構成し、ソフトウェア コンポーネントとマシン ブループリントを組み合わせたアプリケーション ブループリントを公開します。

  • カタログ管理者は、公開済みのブループリントをカタログ サービスに追加し、ユーザーにアイテムを申請する資格を付与することができます。

  • 資格を持つユーザーは、カタログ アイテムを申請し、編集可能な構成値を指定します。vRealize Automation では、申請されたアプリケーションを展開し、アプリケーション ブループリントで定義されたすべてのマシン、ネットワーク、セキュリティ コンポーネント、ソフトウェア コンポーネントをプロビジョニングします。

  • 資格を持つユーザーは、スケール インまたはスケール アウト アクションを申請して、変化するワークロードの要求に合わせて展開のサイズを調節します。vRealize Automation では、マシンで ソフトウェア コンポーネントのインストールまたはアンインストールを行って拡張し、依存する ソフトウェア コンポーネントのアップデート スクリプトを実行します。

ソフトウェア での標準化

ソフトウェア では、標準化された構成プロパティを使用して再利用可能なサービスを作成して IT コンプライアンスの厳格な要件を満たすことができます。ソフトウェア には、次の標準化された構成プロパティが含まれます。

  • IT 認定済みのマシン テンプレートおよびアプリケーション ブループリント内のミドルウェア サービスを追加できるモデル駆動型のアーキテクチャ。

  • ソフトウェア アーキテクト、アプリケーション アーキテクト、およびエンド ユーザー間の構成名の値のペアをオーバーライドして、アプリケーションおよびミドルウェア サービスの構成値を標準化するための委任モデル。

ソフトウェア の拡張性とオープン アーキテクチャ

VMware Solution Exchange では、さまざまなミドルウェア サービスやアプリケーション用の事前定義された ソフトウェア コンポーネントをダウンロードできます。vRealize CloudClient または vRealize Automation の REST API を使用することで、事前定義された ソフトウェア コンポーネントを vRealize Automation インスタンスにプログラムでインポートできます。