vRealize Business for Cloud を使用すると、クラウド運用責任者は支出を監視し、よりコスト効率が高いクラウド サービスを設計できます。

vRealize Business for Cloud には、次のメリットがあります。

  • 仮想インフラストラクチャとパブリック クラウド プロバイダのコストを可視化することによってアカウンタビリティを高めます。

  • プライベート クラウドのコスト、効率性、および可用性をパブリック クラウド プロバイダおよび業界のベンチマーク データと比較できるようにすることによって、仮想インフラストラクチャの効率を高めます。

  • 仮想ワークロードの配置と、新しいハードウェアを購入する代わりにパブリック クラウド プロバイダを使用するかどうかの決定を支援します。

vRealize Business for Cloud の詳細については、vRealize Business for Cloud のドキュメント セットを参照してください。