XaaS の場合、XaaS アーキテクトがXaaS ブループリントおよびリソース アクションを作成し、それらをカタログ アイテムとして公開できます。

XaaS を使用すると、VMware vRealize ™ Orchestrator ™ の機能を使用して任意の機能をサービスとして提供できます。たとえば、ユーザーがデータベースのバックアップを要求できるブループリントを作成できます。バックアップ要求を完了して送信すると、ユーザーは指定したデータベースのバックアップ ファイルを受け取ります。

XaaS アーキテクトは、vRealize Orchestrator オブジェクト タイプにマップされたカスタム リソース タイプを作成でき、プロビジョニングするアイテムとして定義できます。次に、XaaS アーキテクトは vRealize Orchestrator ワークフローからブループリントを作成し、カタログ アイテムとしてそのブループリントを公開できます。vRealize Orchestrator ワークフローは、事前に定義されているか、またはワークフロー開発者によって独自に作成できます。

XaaS を使用すると、利用者がプロビジョニングされたアイテムに対して実行できる追加のアクションを設計することもできます。これらの追加のアクションは、vRealize Orchestrator ワークフローに接続して、プロビジョニングされたアイテムをワークフローへの入力として受け取ることができます。XaaS 以外のソースによってプロビジョニング済みのアイテムに対してこの機能を使用するには、vRealize Orchestrator でリソース タイプを定義するためにソース マッピングを作成する必要があります。

vRealize Orchestrator およびその機能の詳細については、vRealize Orchestrator のドキュメントを参照してください。