vRealize Automation コンソールを使用すると、管理者はコードを書かずに Web ベースのユーザ インターフェイスでビジネス固有のポリシーおよびユーザ固有のポリシーを構成できます。

これらのビジネス ポリシーには、サービス カタログ、インフラストラクチャのリソース予約ポリシー、その他多数に関する資格および承認が含まれます。

vRealize Automation コンソールで実行できるカスタマイズ タスクの詳細については、『vRealize Automation の構成』を参照してください。

カスタム プロパティを使用すると、マシンのブループリント作成者はさまざまな目的のために追加のマシン プロパティを定義したり、標準属性をオーバーライドしたりできます。

カスタム プロパティの使用および構成の詳細については、『vRealize Automation の構成』を参照してください。