IT 部門は、 VMware vRealize ™ Automation を使用して、業務部門にサービスを提供できます。

vRealize Automation は、ビジネス ポリシーへのコンプライアンスを維持しながら、権限を持つ管理者、開発者、またはビジネス ユーザーが、新しい IT サービスを要求し、特定のクラウドおよび IT リソースを管理するための安全なポータルを提供します。インフラストラクチャ、アプリケーション、デスクトップなどの多様な IT サービスの要求は共通のサービス カタログを使用して処理されるため、一貫した使用環境をユーザーに提供できます。

vRealize Automation を使用してリソースおよびキャパシティの使用状況を監視することで、コスト管理を改善できます。さらに高度なコスト管理を実現するには、vRealize Business Advanced or Enterprise EditionvRealize Automation インスタンスと統合して、クラウドおよび仮想マシン リソースのコストを公開し、容量、コスト、効率性をより適切に管理します。