カスタム リソース アクションを作成して、ユーザーが実行できるプロビジョニング後の操作を構成できます。

プロビジョニング後の操作を作成するには、 vRealize Orchestrator ワークフローをリソース アクションとして公開する必要があります。 XaaS を使用してプロビジョニングしたアイテムのリソース アクションを作成するには、カスタム リソースをワークフローの入力パラメータとして使用します。 XaaS 以外のソースを使用してプロビジョニングしたアイテムのリソース アクションを作成するには、リソース マッピングをワークフローの入力パラメータとして使用します。リソース アクションに使用資格を付与すると、プロビジョニング済みアイテムの アイテム タブの アクション ドロップダウン メニューにこれらのリソース アクションが表示されます。