XaaS により、XaaS アーキテクトは、プロビジョニングされたリソース上で新しいサービスおよび新しい管理操作を定義できます。

vRealize Automation は、マシン上で実行できる幅広い管理操作を提供します。マシンのバックアップの作成やセキュリティ チェックの実行など、新しいオプションでデフォルトの IaaS マシン メニューを拡張することに価値があることがご理解いただけるでしょう。

また、ユーザーがポータルを使用して他の計画を直接自動化できるように、サービス カタログに新しいサービス全体を公開すると、便利な場合があります。サービス アーキテクトは、XaaS を使用することにより、サービスとしてのストレージ、ネットワーク サービス、または仮想的なあらゆる種類の IT サービス用に XaaS ブループリントを作成できます。

新しいカタログ アイテムの作成方法の詳細については、vRealize Automation の構成を参照してください。