特にミッション クリティカルなシステムの場合、新しいマシンのプロビジョニングまたは廃止には通常、DNS サーバ、ロード バランサー、CMDB、IP アドレス管理システム、その他のシステムなど、複数の異なる管理システムの操作が必要です。

管理者は、あらかじめ決められた多様な IaaS のライフ サイクル ステージでカスタム ロジック(ワークフローとして知られている)を埋め込むことができます。このような IaaS ワークフローは、外部管理システムとの双方向統合のために、vRealize Orchestrator に呼び出すことができます。

マシン ライフ サイクル拡張性の詳細については、ライフ サイクルの拡張性 を参照してください。