IaaS 管理者ロールおよびファブリック管理者ロールは、インフラストラクチャ サービスのプロビジョニングを有効にするようにファブリックを構成します。ファブリックの構成はシステム全体にわたるもので、すべてのテナント間で共有されます。

IaaS リソースの構成のワークフロー

IaaS 管理者は、インフラストラクチャ ソースへのアクセスを構成するためにエンドポイントを作成します。インフラストラクチャ ソースへの接続が確立されると、vRealize Automation は、そのソースを通じて使用可能なコンピューティング リソースに関する情報を収集します。その後、IaaS 管理者はそれらのリソースをファブリック グループに編成し、各グループおよびマシン プリフィックスなどのテナント間の構成を管理するファブリック管理者を割り当てることができます。

ファブリック管理者は、予約を作成して、テナント管理者がテナント構成中に作成した特定のビジネス グループにファブリック グループ内のプロビジョニング リソースを割り当てます。オプションで、ファブリック管理者は予約、ネットワーク、またはストレージ予約ポリシーを構成できます。たとえば、予約ポリシーを作成して、プロビジョニングしたマシンの配置を制御できます。

ファブリック管理者が予約を作成したら、IaaS アーキテクトは、アプリケーション ブループリントでの再利用のためとカタログ管理者のためにマシン ブループリントを作成および公開し、サービス カタログを利用できるようにします。