vRealize Automation のアーキテクチャは拡張性を意識して設計されています。さまざまな拡張性を使用する状況に対応するため、vRealize Automation にはさまざまな構成オプションおよびツールが用意されています。