vSphere Client を使用して、標準的なカスタマイズ仕様を作成します。vRealize Automation IaaS アーキテクトは、Linux マシン用のクローン ブループリントを作成するときにこれを利用できます。

手順

  1. ホーム ページの カスタム仕様 マネージャ をクリックしてウィザードを開きます。
  2. 新規 アイコンをクリックします。
  3. プロパティを指定します。
    1. ターゲット仮想マシン オペレーティング システム ドロップダウン メニューから Linux を選択します。
    2. カスタム仕様 名 テキスト ボックスに Linux と入力します。
    3. 説明 テキスト ボックスに、Rainpole Linux cloning with vRealize Automation と入力します。
    4. 次へ をクリックします。
  4. コンピュータ名を設定します。
    1. 仮想マシン名を使用 を選択します。
    2. ドメイン名 テキスト ボックスに、プロビジョニングする予定の、クローン作成されたマシンのドメインを入力します。

      たとえば、rainpole.local と入力します。

    3. 次へ をクリックします。
  5. タイム ゾーン設定を構成します。
  6. 次へ をクリックします。
  7. ゲスト OS に標準ネットワーク設定を使用します (すべてのネットワーク インターフェイスで DHCP を有効化など) を選択します。
  8. プロンプトの指示に従って残りの必須情報を入力します。
  9. 完了前の確認 ページで選択内容を確認し、終了 をクリックします。

タスクの結果

Linux マシンのクローン作成用のブループリントを作成するのに使用できる一般的なカスタム仕様 を作成しました。

次のタスク

vRealize Automation コンソールに、インストール時に作成した構成管理者としてログインし、PoC(事前検証)環境を簡単にセットアップするカタログ アイテムを要請します。