PEBuilder を使用してマシンをカスタマイズするには、カスタムの bat スクリプトをプロビジョニング ワークフローの指定されたポイントで実行します。

始める前に

PEBuilder のインストール

手順

  1. 使用する bat スクリプトを作成するか、または特定します。

    マシン プロビジョニングの失敗を防ぐため、このスクリプトは失敗時にゼロ以外の値を返す必要があります。

  2. このスクリプトを NN_scriptname として保存します。

    NN は 2 桁の数値です。スクリプトの実行は、最小の数値から最大へ、順に行われます。2 つのスクリプトに同じ数値が指定されている場合は、scriptname に基づいてアルファベット順となります。

  3. スクリプトを実行可能にします。
  4. スクリプトを実行するプロビジョニング ワークフローのポイントに対応する作業アイテム サブディレクトリ内にスクリプトを配置します。

    例:C:\Program Files (x86)\VMware\vRA\PE Builder\Plugins\VRM Agent\VRMGuestAgent\site\SetupOS.

タスクの結果

このエージェントは、作業アイテム ディレクトリとスクリプト ファイル名で指定された順にスクリプトを実行します。