追加したホストは、実際に表示して管理することができます。Containers のコンテキストにおけるホストとは、コンテナを実行する仮想マシンまたはインフラストラクチャです。

このタスクについて

ホスト タブには、新しいホストの追加、既存ホストのプロビジョニング申請の状態監視、コンテナのイベント ログの表示、ホスト上のデータ収集などを目的としたコントロールが表示されます。

手順

  1. コンテナ管理者として vRealize Automation にログインします。
  2. ホスト タブをクリックします。

    ホスト タブには、ホストを追加したり管理したりするためのコントロールが表示されます。

  3. 既存のコンテナ ホストを追加するには、ホストの追加 をクリックします。
    1. 次の設定を入力します。

      設定

      説明

      アドレス

      新しいホストの IP アドレスを入力します。

      配置ゾーン

      ドロップダウン リストから配置ゾーンを選択します。配置ゾーンを新規作成することもできます。

      ログイン認証情報

      ドロップダウン リストから認証情報を選択します。認証情報を新規作成することもできます。

      展開ポリシー

      ドロップダウン リストからポリシーを選択します。ポリシーを新規作成することもできます。

      タグ

      必要に応じて、ホストを識別するためのタグを入力します。

      カスタム プロパティ

      必要に応じてカスタム プロパティを追加します。複数のプロパティを追加する場合は、+ ボタンを使用して新しいフィールドを追加してください。

    2. (オプション) : 確認 をクリックして、ホストの構成が有効であることを確認します。
    3. 追加 をクリックしてホストの追加プロセスを完了します。

      新しく追加したホストが [ホスト] タブに表示されます。

    追加したホストは、ホスト タブで編集、無効化、削除することができます。

  4. (オプション) : プロビジョニング申請を表示するには、ホスト タブの右側にある 申請 アイコンをクリックします。

    [プロビジョニング申請] パネルが開いて、現在の申請とそのステータスが表示されます。特定の申請をクリックすると、その割り当て先のコンテナが表示されます。

  5. (オプション) : イベント ログを表示するには、ホスト タブの右側にある イベント ログ アイコンをクリックします。

    [イベント ログ] パネルが開きます。