リソース アクションを作成して、XaaS のユーザーが、ユーザーをプロビジョニングした後に、ユーザー ブループリントを作成し、ユーザーのパスワードを変更することができます。

始める前に

  • XaaS アーキテクトとして vRealize Automation コンソールにログインします。

  • Active Directory ユーザーのプロビジョニングをサポートするカスタム リソース アクションを作成することを確認します。カスタム リソースとしてのテスト ユーザーの作成を参照してください。

手順

  1. 設計 > XaaS > リソース アクション を選択します
  2. 新規 アイコン(追加)をクリックします。
  3. vRealize Orchestrator ワークフロー ライブラリでOrchestrator > ライブラリ > Microsoft > Active Directory > ユーザーに移動し、ユーザー パスワードの変更 ワークフローを選択します。
  4. 次へ をクリックします。
  5. リソース タイプ ドロップダウン メニューから テスト ユーザー を選択します。

    これは、以前に作成したカスタム リソースです。

  6. 入力パラメータ ドロップダウン メニューから ユーザーを選択します。
  7. 次へ をクリックします。
  8. リソース アクションの名前を Change the password of the Test User に変更し、詳細 タブに表示される説明をそのままにします。
  9. 次へ をクリックします。
  10. (オプション) : フォームはそのままにしておきます。
  11. 終了 をクリックします。
  12. [リソース アクション] ページで、Change the password of the Test User 行を選択し、公開 をクリックします。

タスクの結果

ユーザーのパスワードを変更するためのリソース アクションを作成し、資格を追加するために使用できるようにしました。

次のタスク

Create a test user ブループリントをサービスに追加します。サービスの作成とサービスへの Create a test user ブループリントの追加を参照してください。