トンネル マシンが使用しているものと同一の地域とネットワーク設定を使用するための予約を構成します。パワーオンできるマシンの数をこの予約で制限して、リソース使用量を管理します。

手順

  1. リソース タブをクリックします。
  2. コンピュート リソース ドロップダウン メニューから、マシンをプロビジョニングするコンピュート リソースを選択します。

    トンネル マシンがある Amazon AWS 地域を選択します。

  3. (オプション) : マシン割り当て テキスト ボックスに数値を入力し、この予約でプロビジョニングできるマシンの最大数を設定します。

    割り当てに加えられるのは、パワーオン状態のマシンだけです。予約を無制限にするには空白にします。

  4. キー ペア ドロップダウン メニューから キー ペアの指定 を選択します。

    これは概念実証の環境であるため、この予約を使用してプロビジョニングされているすべてのマシンで単一のキー ペアを共有するために選択します。

  5. キー ペア ドロップダウン メニューからアーキテクト ユーザーと共有するキー ペアを選択します。
  6. VPC のサブネットに割り当て チェックボックスを有効にします。
  7. トンネル マシンが使用しているものと同一のサブネットとセキュリティ グループを選択します。

タスクの結果

トンネル マシンと同一の地域とネットワーク設定を使用するために予約を構成しましたが、ソフトウェア ブートストラップ エージェントとゲスト エージェントがトンネルを介して通信を実行できるようにするカスタム プロパティを追加する必要があります。