システム管理者として、vRealize Automation インスタンスを継続的な開発環境として構成しようと思います。ローカル ユーザー アカウントを作成し、自分をテナント管理者ロールに割り当てます。テナント管理者の権限を使用して、まず vRealize Automation を開発環境として構成し、ブループリントを作成しテストできるようにします。

このタスクについて



これは Rainpole 用の vRealize Automation 開発環境を構成するワークフローの 3 つのステップのうちのステップ 1 です。