リソース アクション フォームは、vRealize Orchestrator ワークフローのプレゼンテーションをマッピングします。フォームを編集して、リソース アクションのユーザーがプロビジョニング後に操作を実行する場合に表示される内容を定義します。

手順

  1. 削除 アイコン(リソース プール フィールドを削除する。)をクリックして、プール 要素を削除します。
  2. ホスト 要素を編集します。
    1. 編集 アイコン(編集アイコン)をクリックします。ホスト フィールドの横にあります。
    2. ラベル テキスト ボックスで Target host と入力します。
    3. タイプ ドロップダウン メニューから 検索 を選択します。
    4. 制約 タブをクリックします。
    5. 必須 ドロップダウン メニューから 定数 を選択し、はい を選択します。

      ホスト フィールドが常に必須になりました。

    6. 送信 をクリックします。
  3. 優先度 要素を編集します。
    1. 優先度 フィールドの横にある 編集 アイコン(編集アイコン)をクリックします。
    2. ラベル テキスト ボックスで Priority of the task と入力します。
    3. タイプ ドロップダウン メニューから ラジオ ボタン グループ を選択します。
    4. タブをクリックして、未設定 チェック ボックスを選択解除します。
    5. 定義済みの値 検索テキスト ボックスで lowPriority と入力し、Enter を押します。
    6. 定義済みの値 検索テキスト ボックスで defaultPriority と入力し、Enter を押します。
    7. 定義済みの値 検索テキスト ボックスで highPriority と入力し、Enter を押します。
    8. 送信 をクリックします。

    ユーザーがリソース アクションを申請すると、lowPrioritydefaultPriority、および highPriority の 3 つのラジオ ボタンで構成されるラジオ ボタン グループが表示されます。

  4. 状態 要素を編集します。
    1. 状態 フィールドの横にある 編集 アイコン (編集アイコン)をクリックします。
    2. ラベル テキスト ボックスで Virtual machine state と入力します。
    3. タイプ ドロップダウン メニューから ドロップダウン を選択します。
    4. タブをクリックして、未設定 チェック ボックスを選択解除します。
    5. 定義済みの値 検索テキスト ボックスで poweredOff と入力し、Enter を押します。
    6. 定義済みの値 検索テキスト ボックスで poweredOn と入力し、Enter を押します。
    7. 定義済みの値 検索テキスト ボックスで suspended と入力し、Enter を押します。
    8. 送信 をクリックします。

    ユーザーがリソース アクションを申請すると、poweredOffpoweredOn、および サスペンド中 の 3 つのオプションで構成されるドロップダウン メニューが表示されます。

タスクの結果

[vMotion で仮想マシンを移行する] ワークフローのワークフロー プレゼンテーションが編集されました。

次のタスク

新規フォームを追加して、リソース アクションを保存します