セキュリティ グループを使用すると、特定のポートに対するネットワーク トラフィックを制御するためのルールを指定できます。

マシンを要求するときに予約のセキュリティ グループを指定することができます。また、デザイン キャンバスで既存またはオンデマンドの NSX セキュリティ グループを指定することもできます。

セキュリティ グループは、データ収集時にインポートされます。

使用可能な各リージョンには、少なくとも 1 つのセキュリティ グループが指定されている必要があります。 予約を作成する際には、そのリージョン内でユーザーが使用可能なセキュリティ グループが表示されます。 各リージョンには、最低 1 つのデフォルトのセキュリティ グループが用意されています。

追加のセキュリティ グループは、ソース リソースで管理する必要があります。 各種マシンでのセキュリティ グループの管理方法の詳細については、OpenStack のドキュメントを参照してください。