ファブリック管理者として、コンピュート リソースにボストンまたはロンドンのデータセンターに属するというラベルを付け、地域間の展開をサポートしたいと考えています。ブループリント アーキテクトがブループリントで場所の機能を有効化すると、ユーザーは、ボストンまたはロンドンのどちらのデータセンターにマシンをプロビジョニングするかを選択できます。

始める前に

このタスクについて

データセンターの場所の選択を有効化するためのワークフロー図

データセンターはロンドンとボストンにあります。また、ボストンにいるユーザーにはロンドンのインフラストラクチャでマシンをプロビジョニングできないようにし、一方でロンドンにいるユーザーにはボストンのインフラストラクチャでマシンをプロビジョニングできないようにします。必ず、ボストンのユーザーはボストンのインフラストラクチャでプロビジョニングを行い、ロンドンのユーザーはロンドンのインフラストラクチャでプロビジョニングを行うようにすることで、ユーザーがマシンを申請するときにプロビジョニングに適切な場所を選択できるようにします。

手順

  1. インフラストラクチャ > コンピュート リソース > コンピュート リソース を選択します。
  2. ボストンのデータセンターに配置されたコンピュート リソースをポイントし、編集 をクリックします。
  3. 場所 ドロップダウン メニューからボストンを選択します。
  4. OK をクリックします。
  5. 必要に応じてこの手順を繰り返し、コンピュート リソースおよびボストンとロンドンの場所を関連付けます。

タスクの結果

IaaS アーキテクトがブループリントを作成すると、場所の機能を有効化でき、ユーザーがカタログ アイテム申請フォームを入力した場合にボストンまたはロンドンのマシンのプロビジョニングを選択できるようになります。シナリオ:ユーザーが地域間展開のためのデータセンターの場所を選択できるようにするを参照してください。