テンプレートでソフトウェア コンポーネントをサポートできるようにするために、ソフトウェア ブートストラップ エージェントとその前提条件であるゲスト エージェントをリファレンス マシンにインストールします。これらのエージェントにより、テンプレートを使用する vRealize Automation アーキテクトは、ブループリントにソフトウェア コンポーネントを確実に含めることができます。

このタスクについて

このプロセスを簡素化するために、個々のパッケージをダウンロードしてインストールするのではなく、両方のエージェントをインストールする vRealize Automation スクリプトをダウンロードして実行します。

このスクリプトは、Manager Service インスタンスに接続して SSL 証明書のダウンロードも行います。これにより、テンプレートから展開されたマシンと Manager Service 間に信頼関係が確立されます。スクリプトで証明書をダウンロードする方法は、手動で Manager Service SSL 証明書を取得して、リファレンス マシンの /usr/share/gugent/cert.pem にインストールする方法よりもセキュリティが低下することに注意してください。

手順

  1. Web ブラウザで、次の URL を開きます。

    https://vrealize-automation-appliance-FQDN/software/index.html

  2. prepare_vra_template.sh スクリプトをリファレンス マシンに保存します。
  3. リファレンス マシンで、prepare_vra_template.sh を実行可能にします。
    chmod +x prepare_vra_template.sh
  4. prepare_vra_template.sh を実行します。
    ./prepare_vra_template.sh
  5. プロンプトの指示に従います。

    オプションと値に関して、対話形式以外の情報が必要な場合は、./prepare_vra_template.sh --help と入力します。

タスクの結果

インストールが完了すると、確認メッセージが表示されます。エラー メッセージとログが表示された場合は、問題を解消してから、スクリプトを再実行します。