vRealize Orchestrator 構成インターフェイスを使用して、デフォルトの vRealize Orchestrator サーバに追加パッケージおよびプラグインをインストールすることができます。

デフォルトの vRealize Orchestrator サーバに追加プラグインをインストールし、XaaS でワークフローを使用することができます。

また、デフォルトの vRealize Orchestrator サーバに追加パッケージをインポートし、vRealize Automation 外部 IP アドレス管理プロバイダ エンドポイント タイプとして設定することもできます。Infoblox IP アドレス管理パッケージの取得、インポート、および設定については、サードパーティ製 IP アドレス管理プロバイダ サポートの準備に関するチェックリストを参照してください。

パッケージ ファイル (.package) およびプラグイン インストール ファイル(.vmoapp または .dar)は、VMware Solution Exchange (https://solutionexchange.vmware.com/store/category_groups/cloud-management) で入手できます。プラグイン ファイルの詳細については、vRealize Orchestrator のプラグインのドキュメント (https://www.vmware.com/support/pubs/vco_plugins_pubs.html ) を参照してください。

新しいプラグインのインストールに関する詳細については、『Installing and Configuring VMware vCenter Orchestrator』を参照してください。