テナント管理者として、開発および品質管理の資格を作成し、カタログ アイテムといくつかの関連アクションを追加して、開発と品質管理のユーザーが、MySQL を搭載した CentOS カタログ アイテムを申請し、マシンと展開に対してアクションを実行できるようにします。

このタスクについて

このシナリオでは、このサービスに今後追加されるカタログ アイテムを使用できるように、ユーザーにサービスの使用資格を付与します。また、ユーザーがプロビジョニングされた展開を管理できるようにするため、パワーオンとパワーオフ、スナップショット、資格に対する展開の破棄などのアクションを追加します。

手順

  1. 管理 > カタログ管理 > 資格 を選択します。
  2. 新規 アイコン(追加)をクリックします。
  3. 詳細を構成します。
    1. 名前 テキスト ボックスの Dev and QE Entitlement という名前を入力します。
    2. ステータス ドロップダウン メニューで 有効 を選択します。
    3. ビジネス グループ ドロップダウン メニューで 開発と品質管理 グループを選択します。
    4. [ユーザーおよびグループ] 領域で、1 人以上のユーザーを追加します。

      ブループリントが予測どおり機能していることを確認できない場合には、自分自身のみを追加します。正常に機能している場合は、個別のユーザーを追加できるため、カスタム ユーザー グループも追加できます。

    5. 次へ をクリックします。
  4. サービスを追加します。

    CentOS と MySQL のカタログ アイテムを個別に追加しても、サービスを追加することで、サービス カタログ内のビジネス グループ メンバーが、サービスに後日追加される追加アイテムを利用できるようになります。

    1. [使用可能なサービス] 見出しの横にある サービスの追加 アイコン(追加)をクリックします。
    2. 開発と品質管理サービス を選択します。
    3. OK をクリックします。

    開発と品質管理サービスが [使用可能なサービス] リストに追加されます。

  5. アクションを追加します。
    1. [使用可能なアクション] 見出しの横にある アクションの追加 アイコン(追加)をクリックします。
    2. [タイプ] 列ヘッダをクリックしてリストをソートします。

      タイプに基づいて次のアクションを選択します。これらのアクションは、開発と品質管理のユーザーがテスト ケース マシンを使用する場合に役立ち、これらのビジネス グループ メンバーが使用できる唯一のアクションです。

      ファイルタイプ

      アクション名

      マシン

      パワーオン

      マシン

      パワーオフ

      仮想マシン

      スナップショットの作成

      仮想マシン

      スナップショットまで戻る

      展開

      削除

      展開の破棄アクションは、仮想マシンだけでなく、展開全体を破棄します。

    3. OK をクリックします。

    5 つのアクションが [使用可能なアクション] リストに追加されます。

  6. 終了 をクリックします。

タスクの結果

MySQL を搭載した CentOS カタログ アイテムが新しい開発と品質管理カタログ サービスに追加され、ビジネス グループ メンバーにアイテムの申請と管理の使用資格が付与されました。

次のタスク

MySQL を搭載した CentOS カタログ アイテムをプロビジョニングして動作を確認したら、資格にユーザーを追加し、開発と品質管理のユーザーにカタログ アイテムを一般公開することができます。資格内のリソースのプロビジョニングを細かく制御する場合は、MySQL ソフトウェア コンポーネントおよびソフトウェア テスト用 CentOS マシン向けの承認ポリシーを作成できます。シナリオ: MySQL を搭載した CentOS の承認ポリシーを作成および適用するを参照してください。