Dukes Bank カタログ アイテムを申請し、サンプル アプリケーションにログインして動作を確認し、vRealize Automation ブループリント機能を表示します。

始める前に

手順

  1. Dukes Bank カタログ アイテムの使用資格を持つユーザーとして、vRealize Automation コンソールにログインします。
  2. カタログ タブをクリックします。
  3. Dukes Bank サンプル アプリケーションのカタログ アイテムを特定し、申請 をクリックします。
  4. 赤色のアスタリスクの付いた各コンポーネントに必要な申請情報を入力します。
    1. JBossAppServer コンポーネントに移動し、必要な申請情報を入力します。
    2. vRealize Automation アプライアンス の完全修飾ドメイン名を app_content_server_ip テキスト ボックスに入力します。
    3. Dukes_Bank_App ソフトウェア コンポーネントに移動し、必要な申請情報を入力します。
    4. vRealize Automation アプライアンス の完全修飾ドメイン名を app_content_server_ip テキスト ボックスに入力します。
  5. 送信 をクリックします。

    使用するネットワークと vCenter Server インスタンスによって異なりますが、Dukes Bank サンプル アプリケーションが完全にプロビジョニングされるまで約 15 ~ 20 分かかります。申請 タブのステータスを監視したり、アプリケーションのプロビジョニング後には、アイテム タブでカタログ アイテムの詳細を表示したりできます。

  6. アプリケーションのプロビジョニング後、ロード バランサ サーバの IP アドレスを特定し、Dukes Bank サンプル アプリケーションにアクセスできます。
    1. アイテム > 展開 を選択します。
    2. Dukes Bank サンプル アプリケーションの展開を拡張し、Apache ロード バランサ サーバを選択します。
    3. 詳細表示 をクリックします。
    4. ネットワーク タブを選択します。
    5. IP アドレスをメモします。
  7. Dukes Bank サンプル アプリケーションにログインします。
    1. http://IP_Apache_Load_Balancer:8081/bank/main.faces でロード バランサ サーバに移動します。

      アプリケーション サーバに直接アクセスする場合には、http://IP_AppServer:8080/bank/main.faces に移動します。

    2. ユーザー名 テキスト ボックスに 200 を入力します。
    3. パスワード テキスト ボックスに foobar を入力します。

タスクの結果

有効な Dukes Bank サンプル アプリケーションが完成しました。独自のブループリント開発を初めて行う場合、vRealize Automation の評価ツール、または vRealize Automation の機能やコンポーネントの理解を支援する学習リソースとしてご利用ください。