ブループリント アーキテクトは、ソフトウェア コンポーネント、マシン ブループリント、カスタム XaaS ブループリントを作成し、ユーザーがカタログから申請するアイテムを定義するブループリントにそれらのコンポーネントを組み合わせます。

単一のマシンや単一のカスタム XaaS ブループリント用にブループリントを作成または公開できますが、他の構成要素を使用したマシン コンポーネントと XaaS ブループリントを統合して、複数マシン、ネットワークおよびセキュリティ、ライフ サイクルが完全にサポートされているソフトウェア、およびカスタム XaaS 機能を含む高度なカタログ アイテム ブループリントを設計することもできます。

定義するカタログ アイテムに応じて、1 人のインフラストラクチャ アーキテクトが 1 つのマシン コンポーネントをブループリントとして公開するようにプロセスをシンプルにしたり、多くの異なるタイプのコンポーネントを作成する複数のアーキテクトをプロセスに追加して、申請するユーザー向けに完全なアプリケーション スタックを設計したりすることができます。

作成するブループリントのダイアグラム

ソフトウェア コンポーネント

ソフトウェア コンポーネントを作成および公開し、マシンのプロビジョニング中にソフトウェアをインストールして、ソフトウェアのライフ サイクルをサポートできます。たとえば、開発者用のブループリントを作成し、開発環境がすでにインストールされ構成されたマシンを申請することができます。ソフトウェア コンポーネント自身はカタログ アイテムではありません。ソフトウェア コンポーネントとマシン コンポーネントを統合して、カタログ アイテム ブループリントを作成する必要があります。

マシンのブループリント

シンプルなブループリントを作成および公開して単一のマシンをプロビジョニングすることも、追加のマシン コンポーネントとオプションで以下のコンポーネント タイプの任意の組み合わせを含むさらに複雑なブループリントを作成することもできます。

  • ソフトウェア コンポーネント

  • 既存のブループリント

  • NSX ネットワークおよびセキュリティ コンポーネント

  • XaaS コンポーネント

  • Containers コンポーネント

  • カスタムまたはその他のコンポーネント

XaaS ブループリント

vRealize Orchestrator ワークフローを XaaS ブループリントとして公開できます。たとえば、Active Directory ユーザー用のカスタム リソースを作成し、マネージャが Active Directory グループに新しいユーザーをプロビジョニングできるように XaaS ブループリントを設計できます。設計タブ以外の XaaS コンポーネントを作成および管理します。公開済みの XaaS ブループリントを再使用して、アプリケーション ブループリントを作成できますが、少なくとも 1 つ以上のマシン コンポーネントを統合した場合のみです。

複数マシン、XaaSソフトウェア コンポーネントを組み合わせたアプリケーション ブループリント

任意の数のマシン コンポーネント、ソフトウェア コンポーネント、XaaS ブループリントをマシン ブループリントに追加し、ユーザーに高度な機能を提供できます。たとえば、マネージャ用のブループリントを作成し、新規雇用の設定をプロビジョニングすることができます。複数のマシン コンポーネント、ソフトウェア コンポーネント、および XaaS ブループリントを統合して、Active Directory の新しいユーザーをプロビジョニングできます。品質管理マネージャは新規雇用カタログ アイテムを申請し、新しい品質管理担当者が Active Directory にプロビジョニングされます。担当者には、この環境でテスト ケースを実行するために必要なすべてのソフトウェアが備わっている作業用仮想マシン 2 台(Windows と Linux の各 1 台)が支給されます。