OpenStack で実行中の仮想インスタンスには、浮動 IP アドレスを割り当てることができます。

浮動 IP アドレスを割り当てることができるようにするには、Red Hat OpenStack で IP 転送を構成し、浮動 IP プールを作成する必要があります。 詳細については、『Red Hat OpenStack』ドキュメントを参照してください。

マシン所有者に対して、[浮動 IP の関連付け] アクションと [浮動 IP の関連付け解除] アクションの資格を付与することができます。 その後、資格付与されたユーザーは、浮動 IP アドレス プールから使用可能なアドレスを選択することにより、マシンに接続されている外部ネットワークから、プロビジョニングされたマシンに浮動 IP アドレスを関連付けることができます。 浮動 IP アドレスをマシンと関連付けた後、vRealize Automation ユーザーは、[浮動 IP の関連付け解除] オプションを選択して現在割り当てられている浮動 IP アドレスを表示し、マシンからアドレスの関連付けを解除することができます。