最新バージョンの Windows ソフトウェア ブートストラップ エージェントのテンプレート、Amazon マシン イメージ、スナップショットをアップデートする場合、または prepare_vra_template.sh スクリプトを使用する代わりに、最新の Linux ソフトウェア ブートストラップ エージェントに手動でアップデートする場合、すべての既存のバージョンを削除し、あらゆるログを削除する必要があります。

Linux

Linux リファレンス マシンの場合、prepare_vra_template.sh スクリプトを実行すると、エージェントがリセットされ、再インストールの前にすべてのログが削除されます。ただし、手動でインストールする場合は、root ユーザーとしてリファレンス マシンにログインし、リセットのコマンドを実行して製品を削除する必要があります。

/opt/vmware-appdirector/agent-bootstrap/agent_reset.sh

Windows

Windows リファレンス マシンの場合、既存のソフトウェア エージェント ブートストラップおよび vRealize Automation 6.0 以降のゲスト エージェントを削除し、すべての既存のランタイム ログ ファイルを削除します。PowerShell コマンド ウィンドウで、コマンドを実行して、エージェントおよび製品を削除します。

c:\opt\vmware-appdirector\agent-bootstrap\agent_bootstrap_removal.bat
c:\opt\vmware-appdirector\agent-bootstrap\agent_reset.bat