vRealize Automation の外部で一部の準備を行って、Linux および Windows 仮想マシンのクローン作成に使用するテンプレートおよびカスタマイズ オプジェクトを作成する必要があります。

クローン作成には、リファレンス マシンから作成された、クローン元のテンプレートが必要です。

クローン作成によるプロビジョニングの準備のためのワークフロー

クローン作成により Windows マシンをプロビジョニングする場合、プロビジョニングされたマシンを Active Directory ドメインに追加する唯一の方法は、vCenter Server のカスタム仕様 を使用するか、SCVMM テンプレートでゲスト OS プロファイルを追加することです。クローン作成によりプロビジョニングされるマシンは、プロビジョニング時に Active Directory コンテナ内に配置することはできません。これは、プロビジョニング後に手動で実施する必要があります。

表 1. クローン作成によるプロビジョニングの準備のためのチェックリスト

タスク

場所

詳細

チェック ボックスリファレンス マシンを指定または作成します。

ハイパーバイザー

ハイパーバイザーによって提供されるドキュメントを参照してください。

チェック ボックス (オプション)クローン テンプレートでソフトウェア コンポーネントをサポートする場合は、vRealize Automation ゲスト エージェントおよびソフトウェア ブートストラップ エージェントをリファレンス マシンにインストールします。

リファレンス マシン

Windows リファレンス マシンについては、Windows リファレンス マシンでソフトウェアをサポートするための準備 を参照してください。

Linux リファレンス マシンについては、Linux リファレンス マシンでソフトウェアをサポートするための準備 を参照してください。

チェック ボックス (オプション)クローン テンプレートでソフトウェア コンポーネントをサポートする必要がないものの、展開されたマシンをカスタマイズする機能が必要な場合は、vRealize Automation ゲスト エージェントをリファレンス マシンにインストールします。

リファレンス マシン

プロビジョニングでの vRealize Automation ゲスト エージェントの使用を参照してください。

チェック ボックス vCenter Server 環境で作業している場合は、VMware Tools をリファレンス マシンにインストールします。

vCenter Server

VMware Tools のドキュメントを参照してください。

チェック ボックスリファレンス マシンを使用してクローン作成用のテンプレートを作成します。

ハイパーバイザー

リファレンス マシンはパワーオン/オフのいずれでも可能です。vCenter Server でクローンを作成する場合は、テンプレートを作成せずにリファレンス マシンを直接使用できます。

ハイパーバイザーによって提供されるドキュメントを参照してください。

チェック ボックスカスタマイズ オブジェクトを作成し、System Preparation Utility の情報または Linux のカスタマイズを適用することにより、クローン作成されたマシンを構成します。

ハイパーバイザー

Linux のクローンを作成する場合は、カスタマイズ オブジェクトを作成する代わりに、Linux ゲスト エージェントをインストールし、外部カスタマイズ スクリプトを使用することができます。 vCenter Server を使用してクローン作成する場合、カスタマイズ オブジェクトとしてカスタム仕様 を提供する必要があります。

ハイパーバイザーによって提供されるドキュメントを参照してください。

チェック ボックステンプレートのクローン作成を行うブループリントを作成するために必要な情報を収集します。

情報を取得して IaaS アーキテクトに転送します。

クローン作成による仮想プロビジョニング用のワークシートを参照してください。