NSX プラグインをインストールするには、vRealize Orchestrator のインストーラ ファイルをダウンロードし、vRealize Orchestrator 構成インターフェイスを使用してプラグイン ファイルをアップロードし、vRealize Orchestrator サーバにそのプラグインをインストールする必要があります。

始める前に

  • サポートされている vRealize Orchestrator インスタンスが実行されていることを確認します。

    vRealize Orchestrator の設定に関する詳細については、『VMware vRealize Orchestrator のインストールおよび構成』を参照してください。

  • vRealize Orchestrator プラグインのインストールおよび vCenter Single Sign-On を介して認証する権限が付与されているアカウントの認証情報があることを確認します。

  • 正しいバージョンの NSX プラグインをインストールしたことを確認します。『vRealize Automation のサポート マトリックス』を参照してください。

  • vRealize Orchestrator クライアントをインストールしており、管理者の認証情報でログインできることを確認します。

このタスクについて

注:

インストール済みの NSX プラグインを含む組み込みの vRealize Orchestrator を使用している場合、NSX プラグインがすでにインストールされているため、以下のプラグイン インストール手順を実行する必要はありません。

一般的なプラグインのアップデートおよびトラブルシューティングに関する詳細については、vRealize Orchestrator のドキュメント (https://www.vmware.com/support/pubs/orchestrator_pubs.html) を参照してください。

手順

  1. vRealize Orchestrator サーバからアクセス可能な場所にプラグイン ファイルをダウンロードします。

    該当するバージョン値を含んだプラグインのファイル名形式は、o11nplugin-nsx-1.n.n.vmoapp です。NSX ネットワークとセキュリティ製品のためのプラグイン インストール ファイルは、VMware 製品ダウンロード サイト (http://vmware.com/web/vmware/downloads) からダウンロードすることができます。

  2. ブラウザを開いて vRealize Orchestrator 構成インターフェイスを起動します。

    URL 形式は、たとえば https://orchestrator_server.com:8283 のようになります。

  3. 左側のペインで プラグイン をクリックし、[新しいプラグインのインストール] セクションまでスクロールします。
  4. プラグイン ファイル テキスト ボックスで、プラグイン インストーラ ファイルを参照して、アップロードとインストール をクリックします。

    ファイルは .vmoapp 形式にする必要があります。

  5. プロンプトが表示されたら、[プラグインのインストール] ペインで使用許諾契約書に同意します。
  6. [有効] のプラグイン インストール ステータスのセクションで、正しい NSX プラグイン名が指定されていることを確認します。

    バージョン情報については、vRealize Automation のサポート マトリックスを参照してください。

    プラグインは次のサーバ起動時にインストールされます」というステータスが表示されます。

  7. vRealize Orchestrator サーバ サービスを再起動します。
  8. vRealize Orchestrator 構成インターフェイスを再起動します。
  9. プラグイン をクリックして、ステータスが「インストール成功」に変更されていることを確認します。
  10. vRealize Orchestrator クライアント アプリケーションを起動し、ログインして ワークフロー タブを使用し、ライブラリを介して NSX フォルダに移動します。

    NSX プラグインによって提供されるワークフロー全体を参照することができます。

次のタスク

vRealize Automation でワークフローの実行に使用する vRealize Orchestrator エンドポイントを作成します。vRealize Orchestrator エンドポイントの作成を参照してください。