vCloud Director の組織の仮想データセンター (VDC) ごとに予約を作成できます。 各予約は特定のビジネス グループ用に構成されており、特定のコンピュート リソース上のマシンを申請できるようにアクセスが許可されています。

始める前に

  • ファブリック管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

  • テナント管理者によって少なくとも 1 つのビジネス グループが作成されていることを確認します。

  • コンピュート リソースが存在することを確認します。

  • ネットワーク設定を構成します。

  • ネットワーク プロファイル情報を構成します。

このタスクについて

追加、編集、または削除時に予約の表示を制御するには、[予約] ページの カテゴリ別にフィルタ オプションを使用します。カテゴリ別のフィルタを行うと、予約リストにテスト エージェントの予約は表示されないことに注意してください。

注:

予約を作成した後、ビジネス グループまたはコンピュート リソースの関連付けを変更することはできません。

手順

  1. インフラストラクチャ > 予約 > 予約 を選択します。
  2. 新規 アイコン(追加)をクリックして、作成する予約のタイプを選択します。

    選択可能なクラウド予約のタイプとして、Amazon、OpenStack、vCloud Air、および vCloud Director があります。

    vCloud Director を選択します。

  3. (オプション) : 既存の予約からコピー ドロップダウン メニューから、既存の予約を選択します。

    選択した予約のデータが表示されます。 新規予約は必要に応じて変更できます。

  4. 名前 テキスト ボックスに名前を入力します。
  5. テナント ドロップダウン メニューから、テナントを選択します。
  6. ビジネス グループ ドロップダウン メニューから、ビジネス グループを選択します。

    この予約を使用してマシンをプロビジョニングできるのは、このビジネス グループ内のユーザーだけです。

  7. (オプション) : 予約ポリシー ドロップダウン メニューから、予約ポリシーを選択します。

    このオプションを選択するには、1 つ以上の予約ポリシーが存在している必要があります。 後で予約を編集して予約ポリシーを指定できます。

    予約ポリシーを使用すると、プロビジョニングを特定の予約に制限することができます。

  8. 優先度 テキスト ボックスに数値を入力し、予約の優先度を設定します。

    優先度は、ビジネス グループに複数の予約が存在する場合に使用されます。優先度 1 の予約は、優先 2 の予約よりも優先的にプロビジョニングに使用されます。

  9. (オプション) : この予約をアクティブにしない場合は、この予約を有効にする チェック ボックスの選択を解除します。

タスクの結果

このページから移動しないでください。予約は完了していません。