システム管理者がシステムのデフォルト受信電子メール サーバを構成している場合、テナント管理者はこのグローバル設定をオーバーライドすることができます。

始める前に

テナント管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

手順

  1. 管理 > 通知 > 電子メール サーバ を選択します。
  2. [電子メール サーバ] テーブルで受信電子メール サーバを選択します。
  3. グローバルをオーバーライド をクリックします。
  4. 次の受信電子メール サーバのオプションを入力します。

    オプション

    アクション

    名前

    受信電子メール サーバの名前を入力します。

    説明

    受信電子メール サーバの説明を入力します。

    セキュリティ

    セキュリティに SSL を使用するには、SSL チェック ボックスを選択します。

    プロトコル

    サーバのプロトコルを選択します。

    サーバ名

    サーバ名を入力します。

    サーバのポート

    サーバのポート番号を入力します。

  5. フォルダ名 テキスト ボックスに電子メールのフォルダ名を入力します。

    このオプションは、IMAP サーバ プロトコルを選択した場合のみ必須です。

  6. ユーザー名 テキスト ボックスにユーザー名を入力します。
  7. パスワード テキスト ボックスにパスワードを入力します。
  8. vRealize Automation ユーザーが返信可能な電子メール アドレスを 電子メール アドレス テキスト ボックスに入力します。
  9. (オプション) : サーバから削除 を選択すると、通知サービスから取得した処理済みの電子メールがすべてサーバから削除されます。
  10. vRealize Automation が電子メール サーバからの自己署名証明書を受け入れられるかどうかを選択します。

    このオプションは、暗号化を有効にした場合にのみ使用可能です。

    • 自己署名証明書を受け入れるには、はい をクリックします。

    • 自己署名証明書を拒否するには、いいえ をクリックします。

  11. テスト接続 をクリックします。
  12. 追加 をクリックします。