vRealize Automation REST API を使用するか、または vRealize CloudClient を使用することで、プログラムにより、ある vRealize Automation 環境から別の環境へとコンテンツをエクスポートできます。

たとえば、ブループリントを開発環境で作成およびテストした後、本番環境にインポートできます。また、コミュニティ フォーラムで入手したプロパティ定義をアクティブな vRealize Automation テナント インスタンスにインポートすることもできます。

次の vRealize Automation のコンテンツは、いずれもプログラムでインポートおよびエクスポートできます。

  • アプリケーションのブループリントおよびそれらのすべてのコンポーネント

  • IaaS マシンのブループリント

  • ソフトウェア コンポーネント

  • XaaS ブループリント

  • プロパティ グループ

    プロパティ グループ情報はテナントに固有であり、ターゲットの vRealize Automation インスタンスにプロパティ グループが既に存在する場合にのみブループリントとともにインポートされます。

ある vRealize Automation インスタンス テナントから別のテナントにブループリントをエクスポートするとき、そのブループリントに定義されているプロパティ グループ情報は、ターゲットのテナント インスタンスにプロパティ グループが既に存在している場合を除き、インポートされたブループリントに対して認識されません。たとえば、mica1 という名前のプロパティ グループを含むブループリントをインポートする場合、ブループリントをインポートする vRealize Automation インスタンスに mica1 プロパティ グループが存在していなければ、インポートされたブループリントに mica1 プロパティ グループは存在しません。ある vRealize Automation インスタンスから別のインスタンスにブループリントをエクスポートするときにプロパティ グループ情報が失われないようにするには、ブループリントをインポートする前に、vRealize CloudClient を使用してプロパティ グループを含むエクスポート パッケージ zip ファイルを作成し、このパッケージ zip ファイルをターゲット テナントにインポートします。vRealize CloudClient を使用してプロパティ グループおよびその他の vRealize Automation アイテムを一覧表示、パッケージ、エクスポート、およびインポートする方法については、VMware Developer Center (https://developercenter.vmware.com/tool/cloudclient) を参照してください。

表 1. インポートおよびエクスポート ツールの選択

ツール

詳細情報

vRealize CloudClient

https://developercenter.vmware.com/tool/cloudclientVMware 開発者サイトを参照してください。

vRealize Automation REST API

https://www.vmware.com/support/pubs/vcac-pubs.htmlvRealize Automation 情報センターの「プログラミング ガイド」を参照してください。

注:

vRealize Automation 展開間で、ブループリントをプログラムでエクスポートおよびインポートする場合(たとえば、テスト環境から本番環境へ、またはある組織から別の組織へ)、テンプレートのクローン作成のデータがパッケージに含まれているかを確認することが重要です。 ブループリント パッケージをインポートすると、デフォルトの設定はパッケージ内の情報に基づいて割り当てられます。 たとえば、クローン形式のワークフローを使用して作成したブループリントをエクスポートしてからインポートする場合に、クローン データがベースにしているテンプレートが、ブループリントをインポートする vRealize Automation の展開内のエンドポイントにない場合、インポートされたブループリント設定の一部がその展開に適用されません。