vCenter Server 管理者として、vRealize Automation アーキテクトが Linux CentOS マシンのクローンを作成する際に使用できる vSphere テンプレートを準備したいと考えています。テンプレートでソフトウェア コンポーネントを持つブループリントをサポートできるようにしたいと考えているため、リファレンス マシンをテンプレートに変換する前に、ゲスト エージェントおよびソフトウェア ブートストラップ エージェントをインストールします。

始める前に

  • VMware Tools がインストールされている Linux CentOS リファレンス マシンを特定または作成します。1 つ以上のネットワーク アダプタを追加し、ブループリント アーキテクトによってこの機能がブループリント レベルで追加されない場合にインターネット接続を提供します。仮想マシンの作成に関する詳細については、vSphere のドキュメントを参照してください。

  • 仮想マシンをテンプレートに変換するには、vCenter Server に接続されている必要があります。 vSphere Client を直接 vSphere ESXi ホストに接続した場合、テンプレートを作成することはできません。

タスクの結果

Linux CentOS マシンのクローンを作成する vRealize Automation ブループリントの作成にブループリント アーキテクトが使用できるリファレンス マシンから、テンプレートおよびカスタム仕様 を作成しました。ソフトウェア ブートストラップ エージェントおよびゲスト エージェントをリファレンス マシンにインストールしているため、アーキテクトはテンプレートを使用し、スクリプトの実行やディスクのフォーマットなど、ソフトウェア コンポーネントまたは他のゲスト エージェントのカスタマイズを含む高度なカタログ アイテム ブループリントを作成できます。また、VMware Tools をインストールしているため、アーキテクトおよびカタログ管理者は、再構成、スナップショット、再起動などのアクションをマシンに対して実行する許可をユーザーに付与できます。

次のタスク

vRealize Automation のユーザー、グループ、およびリソースを構成したら、テンプレートとカスタム仕様 を使用して、クローン作成用のマシン ブループリントを作成することができます。シナリオ:Rainpole でのクーロン作成用の vSphere CentOS ブループリントを作成するを参照してください。