システム管理者がシステムのデフォルト送信電子メール サーバを構成している場合、テナント管理者はこのグローバル設定をオーバーライドすることができます。

始める前に

テナント管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

手順

  1. 管理 > 通知 > 電子メール サーバ を選択します。
  2. 送信電子メール サーバを選択します。
  3. グローバルをオーバーライド をクリックします。
  4. 名前 テキスト ボックスに名前を入力します。
  5. (オプション) : 説明 テキスト ボックスに説明を入力します。
  6. サーバ名 テキスト ボックスにサーバの名前を入力します。
  7. 暗号化方式を選択します。
    • SSL の使用 をクリックします。

    • TLS の使用 をクリックします。

    • なし をクリックすると、通信が暗号化されずに送信されます。

  8. サーバのポート テキスト ボックスにサーバのポート番号を入力します。
  9. (オプション) : サーバで認証が必要な場合は、必須 チェック ボックスを選択します。
    1. ユーザー名 テキスト ボックスにユーザー名を入力します。
    2. パスワード テキスト ボックスにパスワードを入力します。
  10. vRealize Automation の電子メールの発信元として表示する必要のある電子メール アドレスを 送信者アドレス テキスト ボックスに入力します。

    この電子メール アドレスは、指定したユーザー名とパスワードに対応します。

  11. vRealize Automation が電子メール サーバからの自己署名証明書を受け入れられるかどうかを選択します。

    このオプションは、暗号化を有効にした場合にのみ使用可能です。

    • 自己署名証明書を受け入れるには、はい をクリックします。

    • 自己署名証明書を拒否するには、いいえ をクリックします。

  12. テスト接続 をクリックします。
  13. 追加 をクリックします。