容量を効率的に利用するストレージ テクノロジーは、マシンの操作で実際に必要になるストレージのみを使用することで、従来のストレージ方法の非効率的な部分を排除しています。通常、これはマシンに実際に割り当てられるストレージの一部のみです。vRealize Automation は、容量を効率的に利用するテクノロジーを使用した 2 種類のプロビジョニング(シン プロビジョニングと FlexClone プロビジョニング)をサポートしています。

標準ストレージを使用すると、パワーオフでも、プロビジョニングされたマシンに割り当てられるストレージは、マシンに正常にコミットされます。これにより、ストレージ リソースが著しく消費される場合があります。それは、いくつかの物理マシンが 100% のフル ディスクを使用して動作するように、いくつかの仮想マシンがマシンに割り当てられたストレージを実際にすべて使用するためです。容量を効率的に利用するストレージ テクノロジーを使用すると、割り当てられたストレージおよび使用するストレージは個別に追跡され、使用するストレージのみがプロビジョニングされたマシンに正常にコミットされます。

Thin Provisioning

シン プロビジョニングでは、すべての仮想プロビジョニング方法がサポートされています。仮想プラットフォーム、ストレージ タイプ、およびデフォルト ストレージ構成に応じて、シン プロビジョニングがマシン プロビジョニング時に常に使用される可能性があります。たとえば、NFS を使用して vSphere ESX Server を統合する場合は、シン プロビジョニングが常に採用されます。しかし、ローカルまたは iSCSI ストレージを使用して vSphere ESX Server を統合する場合は、カスタム プロパティ VirtualMachine.Admin.ThinProvision がブループリントで指定された場合のみ、マシンのプロビジョニングにシン プロビジョニングが使用されます。シン プロビジョニングの詳細については、仮想プラットフォームで提供されるドキュメントを参照してください。

Net App FlexClone プロビジョニング

Network File System (NFS) ストレージおよび FlexClone テクノロジーを使用する vSphere 環境で作業している場合、Net App FlexClone プロビジョニングのブループリントを作成できます。

NFS ストレージのみを使用できます。それ以外の場合は、マシンのプロビジョニングが失敗します。他のタイプのマシン プロビジョニングの FlexClone ストレージ パスを指定できますが、FlexClone ストレージ パスは標準ストレージのように動作します。

FlexClone テクノロジーを使用するマシンのプロビジョニングに必要な手順の概要は次のとおりです。

  1. IaaS 管理者は NetApp ONTAP エンドポイントを作成します。NetApp ONTAP エンドポイントの作成を参照してください。

  2. IaaS 管理者は、エンドポイントでデータ収集を実行し、エンドポイントがコンピュート リソースおよび予約ページに表示されるようにします。

    NetApp ONTAP エンドポイントが存在しており、なおかつホストが仮想である場合は、FlexClone オプションがエンドポイント列の予約ページに表示されます。 NetApp ONTAP エンドポイントが存在する場合は、ストレージ パスに割り当てられたエンドポイントが [予約] ページに表示されます。

  3. ファブリック管理者は、vSphere の予約の作成、FlexClone ストレージの有効化、および FlexClone テクノロジーを使用する NFS ストレージ パスの指定を行います。

  4. インフラストラクチャ アーキテクトまたはその他の権限を持つユーザーは、FlexClone のプロビジョニング用のブループリントを作成します。