リソース マッピングを作成し、IaaS を使用してプロビジョニングされる Amazon インスタンスと Amazon Web Services プラグインで公開される vRealize OrchestratorタイプのAWS:EC2Instance を関連付けることができます。

始める前に

  • XaaS アーキテクトとして vRealize Automation コンソールにログインします。

  • vRealize Orchestrator リソース マッピング ワークフローまたはスクリプト アクションを作成またはインポートします。

手順

  1. 設計 > XaaS > リソース マッピング を選択します
  2. 追加新規リソースの追加アクション)をクリックします。
  3. 名前 テキスト ボックスに EC2 インスタンス と入力します。
  4. カタログ リソースのタイプ テキスト ボックスに クラウド マシン と入力します。
  5. Orchestrator タイプ テキスト ボックスにAWS:EC2Instance と入力します。
  6. 常時使用可能 を選択します。
  7. 使用するリソース マッピングのタイプを選択します。
  8. vRealize Orchestrator ライブラリからカスタム リソース マッピングのスクリプト アクションまたはワークフローを選択します。
  9. 追加 をクリックします。

タスクの結果

Amazon リソース マッピングを使用すると、IaaS を使用してプロビジョニングされる Amazon マシンのリソース アクションを作成できます。

次のタスク

Amazon 仮想マシンを開始するリソース アクションの作成