エンドポイントの CSV ファイルのインポートは、vRealize Automation コンソールを使用してエンドポイントを 1 つずつ追加するよりも効率的です。

始める前に

  • IaaS 管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

  • エンドポイントの認証情報を保存します。

  • インポート用にエンドポイント CSV ファイルを準備します。

手順

  1. インフラストラクチャ > エンドポイント > エンドポイント を選択します。
  2. エンドポイントのインポート をクリックします。
  3. 参照 をクリックします。
  4. エンドポイントを含む CSV ファイルを特定します。
  5. 開く をクリックします。

    エンドポイントのリストを含む CSV ファイルが次の形式で開きます。

    InterfaceType,Address,Credentials,Name,Description
    vCloud,https://abxpoint2vco,svc-admin,abxpoint2vco,abxpoint
  6. インポート をクリックします。

タスクの結果

エンドポイントは、vRealize Automation コンソールを介して編集および管理できます。