サービスは、サービス カタログに含まれるカタログ アイテムのグループです。関連するすべてのカタログ アイテムの使用資格をビジネス グループ ユーザーに付与してサービスを使用可能にしたり、承認ポリシーをサービスに適用したりできます。

サービスは、カタログ アイテムの動的グループとして機能します。 サービスを使用可能にすると、サービスに関連付けられたすべてのカタログ アイテムは、サービス カタログ内で指定ユーザーが利用できるようになります。またサービスに追加した、あるいはサービスから削除したカタログ アイテムはサービス カタログに反映されます。

サービスを作成すると、そのサービスをサービス カテゴリとして使用できるため、サービス カタログ ユーザーに応じて提供するサービスをまとめることができます。 たとえば、Windows 7、8、10 オペレーティング システムのカタログ アイテムを含む Windows デスクトップ サービスや、CentOS および RHEL オペレーティング システムのアイテムを含む Linux サービスなどです。