エンドポイントを作成して、vRealize Automation と Xen プール マスターが通信し、コンピュート リソースの検出、データの収集、およびマシンのプロビジョニングを行えるようにします。

始める前に

  • IaaS 管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

  • システム管理者は、エンドポイントに対応する保存された認証情報を使用してプロキシ エージェントをインストールする必要があります。『vRealize Automation 7.2 のインストール』を参照してください。

手順

  1. インフラストラクチャ > エンドポイント > エージェント を選択します。
  2. コンピュート リソース テキスト ボックスに Xen プール マスターの名前を入力します。
    注:

    Xen プールの名前は入力しないでください。プール マスターの名前を入力する必要があります。

    vRealize Automation のコンピュート リソース テーブルでエントリが重複しないようにするため、構成済みの Xen プール マスター アドレスと一致するアドレスを指定します。たとえば、Xen プール マスター アドレスがホスト名を使用している場合、FQDN 以外のホスト名を入力します。Xen プール マスター アドレスが FQDN を使用する場合は、FQDN と入力します。

  3. システム管理者がこのエンドポイントのためにインストールしたプロキシ エージェントを、プロキシ エージェント名 ドロップダウン メニューから選択します。
  4. (オプション) : 説明 テキスト ボックスに説明を入力します。
  5. OK をクリックします。

タスクの結果

vRealize Automation では、エンドポイントからデータを収集して、コンピューティング リソースを検出します。

次のタスク

エンドポイントからファブリック グループにコンピュート リソースを追加します。ファブリック グループの作成を参照してください。