XaaS を使用して、グループ内のユーザーをプロビジョニングするためのカタログ アイテムを作成および公開できます。新しいプロビジョニング後の操作をプロビジョニングされたユーザーに関連付けることもできます。たとえば、サービス カタログ ユーザーがユーザー パスワードを変更できるようにする操作が該当します。

始める前に

Active Directory プラグインが適切に構成され、Active Directory のユーザーを作成する権限があることを確認します。

このタスクについて

XaaS アーキテクトとして、カスタム リソース、XaaS ブループリントを作成し、ユーザー作成用のカタログ アイテムを公開します。ユーザーのパスワードを変更するためのリソース アクションも作成します。

カタログ管理者として、サービスを作成し、このサービスにブループリント カタログ アイテムを含めることができます。さらに、フォーム デザイナを使用することでカタログ アイテムのワークフロー プレゼンテーションを編集し、申請フォームのユーザーへの表示方法を変更します。

ビジネス グループ マネージャまたはテナント管理者として、新しく作成したサービス、カタログ アイテム、およびリソース アクションの使用資格をユーザーに付与します。