ルーティング ネットワーク プロファイルでサードパーティの IP アドレス管理エンドポイントを使用すると、ルーティング可能な IP アドレス空間がサードパーティの IP アドレス管理プロバイダによって作成および管理されます。

このタスクについて

ルーティング ネットワーク プロファイルでサードパーティの IP アドレス管理エンドポイントを使用すると、プロバイダは、オンデマンド ネットワークのそれぞれのインスタンスに対して新しい IP アドレス範囲を作成します。

指定された VMware IP アドレス管理エンドポイント、または vRealize Orchestrator で登録および構成したサードパーティの IP アドレス管理サービス プロバイダのエンドポイント(Infoblox IP アドレス管理など)から取得した IP アドレス範囲を使用することができます。IP アドレス範囲は、割り当て時に IP アドレス ブロックから作成されます。