ブループリントはドラフト状態で保存されるため、カタログ アイテムとして構成したり、デザイン キャンバスでブループリント コンポーネントとして使用したりするには、手動で公開する必要があります。

ブループリントを公開したら、サービス カタログでのプロビジョニングの申請に対応できる資格を、ブループリントに付与することができます。

ブループリントの公開は、1 度だけ行う必要があります。公開されたブループリントを変更すると、カタログおよびネストされたブループリント コンポーネントに自動的に反映されます。