WinPE 環境で起動してマシンをプロビジョニングし、既存の Windows リファレンス マシンの Windows イメージ ファイル形式 (WIM)イメージを使用して、オペレーティング システムをインストールします。

WIM プロビジョニングの準備に必要な手順の概要は次のとおりです。

  1. ステージング エリアの指定または作成を行います。これは、リファレンス マシンにより UNC パスとして指定できるまたはネットワーク ドライブとしてマウントできるネットワーク ディレクトリ、WinPE イメージをビルドするシステム、およびマシンがプロビジョニングされる仮想ホストでなければなりません。

  2. DHCP サーバがネットワーク上で使用可能であることを確認します。DHCP が使用できない限り、vRealize Automation は WIM イメージを使用してマシンをプロビジョニングできません。

  3. プロビジョニングに使用する仮想プラットフォーム内でリファレンス マシンの指定または作成を行います。vRealize Automation の要件については、WIM プロビジョニングのリファレンス マシンの要件 を参照してください。リファレンス マシンの作成については、ハイパーバイザーにより提供されたドキュメントを参照してください。

  4. System Preparation Utility for Windows を参照して、リファレンス マシンのオペレーティング システムの展開を準備します。リファレンス マシンの SysPrep 要件を参照してください。

  5. リファレンス マシンの WIM イメージを作成します。WIM イメージ ファイル名にスペースを入れないでください。さもないとプロビジョニングが失敗します。

  6. vRealize Automation ゲスト エージェントを含む WinPE イメージを作成します。vRealize Automation PEBuilder を使用して、ゲスト エージェントを含む WinPE イメージを作成できます。

    別の方法を使用して WinPE イメージを作成できますが、vRealize Automation ゲスト エージェントを手動で挿入する必要があります。WinPE イメージへのゲスト エージェントの手動挿入を参照してください。

  7. 仮想プラットフォームが必要とする場所に WinPE イメージを配置します。場所が分からない場合は、ハイパーバイザーで提供されるドキュメントを参照してください。

  8. 次の情報を収集して、その情報をブループリントに追加できるようにします。

    1. WinPE ISO イメージの名前および場所。

    2. WIM ファイルの名前、WIM への UNC パス、および WIM ファイルから必要なイメージを展開するために使用されるインデックス。

    3. プロビジョニングされたマシン上のネットワーク ドライブに WIM イメージ パスをマッピングするためのユーザー名およびパスワード。

    4. デフォルト K を使用しない場合、プロビジョニングされたマシンに WIM イメージ パスをマッピングするドライブ文字。

    5. vCenter Server を統合する場合、vCenter Server がマシンを作成するための vCenter Server ゲスト OS のバージョン。

    6. (オプション) SCVMM 統合の場合、プロビジョニングされたマシンに添付する ISO、仮想ハード ディスク、またはハードウェア プロファイル。

    注:

    プロパティ グループを作成して、この必要な情報のすべてを含めることができます。プロパティ グループを使用すると、ブループリントにすべての情報を正しく含めることがより簡単になります。