XaaS を使用してプロビジョニングされなかったアイテムをマップして、これらのアイテムでリソース アクションを実行できるようにします。