XaaS ブループリントのデフォルトで生成されたフォームを編集する場合、定義済みの新しい要素をフォームに追加できます。たとえば、デフォルトで生成されたフィールドを使用しない場合は、それらを削除して新しいフィールドに置き換えることができます。

始める前に

手順

  1. 設計 > XaaS > XaaS ブループリント を選択します。
  2. 編集する XaaS ブループリントをクリックします。
  3. ブループリント フォーム タブをクリックします。
  4. 要素を [新しいフィールド] ペインからドラッグして [フォーム ページ] ペインにドロップします。
  5. ID テキスト ボックスにワークフロー入力パラメータの ID を入力します。
  6. ラベル テキスト ボックスにラベルを入力します。

    フォーム上のユーザーにラベルが表示されます。

  7. (オプション) : タイプ ドロップダウン メニューからフィールドのタイプを選択します。
  8. エンティティ タイプ テキスト ボックスに vRealize Orchestrator オブジェクトを入力して Enter を押します。

    この手順は、一部のフィールド タイプでは不要です。

    オプション

    説明

    結果のタイプ

    スクリプト アクションを使用してフィールドの外部値を定義する場合は、vRealize Orchestrator スクリプト アクションの結果のタイプを入力します。

    入力パラメータ

    ユーザーのフィールド入力を受け入れ、パラメータを vRealize Orchestrator に戻す場合は、vRealize Orchestrator ワークフローが受け入れる入力パラメータのタイプを入力します。

    出力パラメータ

    フィールドを使用してユーザーに情報を表示する場合は、vRealize Orchestrator ワークフローの出力パラメータのタイプを入力します。

  9. (オプション) : 複数の値 チェック ボックスを選択して、ユーザーが複数のオブジェクトを選択できるようにします。

    このオプションは、一部のフィールド タイプでは利用できません。

  10. 送信 をクリックします。
  11. アップデート をクリックします。

次のタスク

要素を編集してデフォルト設定を変更し、さまざまな制約や値を適用できます。