vSpherevCloud Director、または vCloud Air 仮想マシンのために提供されているリソース マッピングを使用できます。また、カスタムの vRealize Orchestrator スクリプト アクションまたはワークフローを作成して、他の vRealize Automation カタログ リソース タイプを vRealize Orchestrator インベントリ タイプにマップできます。

vRealize Automation で提供されているリソース マッピング

vRealize Automation には、IaaS vSphere 仮想マシン、IaaS vCloud Director、および展開のリソース マッピングが含まれています。

vRealize Automation には、提供されている XaaS リソース マッピングそれぞれの vRealize Orchestrator リソース マッピングのスクリプト アクションが含まれています。提供されているリソース マッピングのスクリプト アクションは、組み込みの vRealize Orchestrator サーバの com.vmware.vcac.asd.mappings パッケージに配置されています。

vRealize Orchestrator ワークフローを vCACAFE:CatalogResource とともに入力パラメータとして使用する展開済み複合ブループリントがあり、そのブループリントで実行されるリソース アクションを作成すると、[展開] マッピングが入力リソース タイプとして適用されます。[展開] マッピングが適用されるのは、選択したワークフローに vCACAFE:CatalogResource が入力パラメータとして含まれる場合のみです。たとえば、ユーザーの代わりにリソース アクションを要求するアクションを作成した場合、このワークフローが vCACAFE:CatalogResource を使用するため、[リソースの入力] タブのリソース タイプは「展開」になります。

IaaS vCD 仮想マシンおよび IaaS VC VirtualMachine リソース マッピングは、IaaS リソースと一致する仮想マシンを vRealize OrchestratorvSphere または vCloud Director 仮想マシンにマップするアクションで使用されます。

リソース マッピングの作成

vRealize Orchestrator のバージョンにより、vRealize Orchestrator ワークフローまたはスクリプト アクションのいずれかを作成して vRealize OrchestratorvRealize Automation の間でリソースをマップできます。

リソース マッピングを作成するには、プロビジョニングしたリソースを定義するキーと値のペアを含んだ Properties、対応する vRealize Orchestrator プラグインによって予期される vRealize Orchestrator インベントリ タイプの出力パラメータを使用します。マッピングに利用可能なプロパティはリソースのタイプによります。たとえば、EXTERNAL_REFERENCE_ID プロパティは個々の仮想マシンを定義する共通キー パラメータであり、ユーザーはこのプロパティを使用してカタログ リソースを照会できます。EXTERNAL_REFERENCE_ID を使用しないリソースのマッピングを作成する場合、個々の仮想マシンに渡された他のプロパティの 1 つを使用することができます。たとえば、名前や説明などです。

ワークフローおよびスクリプト アクションの開発の詳細については、『VMware vCenter Orchestrator における開発』を参照してください。