承認ポリシーが古くなったと判断した場合は、プロビジョニング中に利用できないようにこのポリシーを無効にすることができます。

始める前に

テナント管理者または承認管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

このタスクについて

承認ポリシーを無効にするには、承認ポリシーが現在適用されている各資格に新しいポリシーを割り当てる必要があります。

無効化した承認ポリシーを後で再アクティブ化したり、無効化したポリシーを削除したりできます。

手順

  1. 管理 > 承認ポリシー を選択します。
  2. 承認ポリシー名をクリックします。
  3. リンクされた資格の表示 をクリックします。
    1. すべて次に置換 ドロップダウン メニューで、新しい承認ポリシーを選択します。

      リストに複数の資格が含まれている場合、新しい承認ポリシーはすべての一覧表示された資格に適用されます。

    2. OK をクリックします。
  4. 承認ポリシーにリンクされた資格がないことを確認したら、[ステータス] ドロップダウン メニューから 無効 を選択します。
  5. OK をクリックします。
  6. 承認ポリシーを削除するには、無効化したポリシーを含む行を選択します。
    1. 削除 をクリックします。
    2. OK をクリックします。

タスクの結果

承認ポリシーを使用し、このポリシーを無効にした資格から、承認ポリシーのリンクが解除されます。後で再アクティブ化して、資格内のアイテムに再度適用することができます。

次のタスク

この承認ポリシーがもう必要ない場合は、削除することができます。承認ポリシーの削除を参照してください。