IaaS アーキテクト権限を使用して、プロビジョニング済みのマシンのスナップショットをクローン元のリファレンス マシンとして使用して、ソフトウェア コンポーネントをサポートするブループリントを作成します。ソフトウェア コンポーネントをサポートするため、スナップショットを作成する前にプロビジョニング済みマシンにゲスト エージェントとブートストラップ エージェントをインストールします。

このタスクについて



これは、Rainpole 向けの vRealize Automation 開発環境を構成するためのワークフロー全 3 工程のうち 3 番目の手順です。オンデマンド サービスの設計が最後の手順ですが、これは、新しいサービスを設計するたびに繰り返し行う複数のステップのプロセスです。