vRealize Automation ワークフローを使用して vRealize Orchestrator ワークフローを呼び出す場合は、vRealize Orchestrator インスタンスまたはサーバをエンドポイントとして設定する必要があります。

vRealize Orchestrator エンドポイントの追加の詳細については、vRealize Orchestrator エンドポイントの作成を参照してください。

vRealize Orchestrator エンドポイントをマシン ブループリントに関連付けて、そのブループリントからプロビジョニングされたマシンの vRealize Orchestrator ワークフローのすべてが、そのエンドポイントを使用して実行されるようにすることができます。

vRealize Automation には、デフォルトで、組み込みの vRealize Orchestrator インスタンスが含まれています。 テスト環境で vRealize Automation ワークフローを実行するときや、POC(事前検証)を作成するときに、vRealize Orchestrator エンドポイントとしてこのインスタンスを使用することをお勧めします。

外部 vRealize Orchestrator サーバにプラグインをインストールすることもできます。

この vRealize Orchestrator エンドポイントは、本番環境で vRealize Automation ワークフローを実行する場合に使用することをお勧めします。

プラグインをインストールするには、VMware の製品ダウンロード サイト (http://vmware.com/web/vmware/downloads) の NSX のリンクからプラグインのインストーラ ファイルと一緒に取得できる README を参照してください。