vRealize AutomationNSX ネットワークおよびセキュリティのオプションを使用できるようにするには、使用予定の外部の NSX ネットワークおよびセキュリティ環境を構成する必要があります。

ブループリントおよび予約で指定するネットワークおよびセキュリティ構成のための vRealize Automation のサポートの多くは、外部で構成され、コンピュート リソースでデータ収集が実行された後に vRealize Automation で使用できるようになります。

vRealize Automation ブループリントで構成できる NSX 設定の詳細については、ネットワークおよびセキュリティ コンポーネントの設定を参照してください。

表 1. NSX ネットワークおよびセキュリティのチェックリストの準備

タスク

場所

詳細

チェック ボックス NSX プラグインをインストールおよび構成します。

NSX プラグインを vRealize Orchestrator にインストールします。

vRealize Orchestrator での NSX プラグインのインストールおよび『NSX 管理ガイド』を参照してください。

チェック ボックス ゲートウェイおよびトランスポート ゾーンの設定を含む、NSX ネットワーク設定を構成します。

NSX でネットワーク設定を構成します。

NSX 管理ガイド』を参照してください。

チェック ボックス NSX セキュリティ ポリシー、タグ、およびグループを作成します。

NSX でセキュリティ設定を構成します。

NSX 管理ガイド』を参照してください。

チェック ボックス NSX ロード バランサの設定を構成します。

vRealize Automation と連携するように NSX ロード バランサを構成します。

NSX 管理ガイド』を参照してください。

また、『カスタム プロパティのリファレンス』の「ネットワークのカスタム プロパティ」も参照してください。

チェック ボックス Cross-vCenter 展開の場合は、コンピューティング NSX Manager がプライマリ NSX マネージャ ロールを持っていることを確認します。

vRealize Automation プロビジョニングでは、マシンが常駐する領域のコンピューティング NSX Manager がプライマリ NSX マネージャ ロールを持っている必要があります。

NSX ユニバーサル オブジェクトをプロビジョニングするための管理者要件を参照してください。

Cross-vCenter 展開、ユニバーサル オブジェクト、およびプライマリ NSX Manager ロールの詳細については、『NSX インストール ガイド』および『NSX 管理ガイド』を参照してください。